【もはや必須】フラットアース説が女性の月経周期にも関わる不思議。月は岩石ではなくプラズマ。

またしてもフラットアース知識が必要になりました。

もはやFE抜きでは何も語れない。

 
こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。連日フラットアース関連で延々と語っていますが、もはやフラットアース抜きに世界の数々の陰謀論や人体の仕組みは語れないのです。今日は女性の月経の話題。
 

 

最近ブログの閲覧数が全盛期を取り戻しつつあります。一体何度全盛期と衰退を繰り返してきたことか(笑)でも今度こそ突き抜けたい。そのためには月に記事10本投稿を目指しています。(なるべく…。)

 

 

連日記事を書いてて思うんですが、これから先の時代のことを語る上でもはやフラットアースの知識は欠かせないものとなっています。

 

 

単なる地形が平面かどうかの規模では無いのです。

 

フラットアースは世界の構造そのものの話題なので、支配層がどうのうこうの、悪魔や神やどうのこうのと言うのなら先に世界の構造を知っておくべきなのです。

 

 

それが未だに分からず「フラットアーサーはクソ!知能が低下してる!」と言ったり「アセンション!次元上昇!いつか銀河連合がやってくる!」と言い続けているのは哀れに感じます。

 

 

フラットアースの知識は既に数々のブロガーやYouTuberがいらっしゃいますので、今からでも誰でもフラットアーサーになることが出来ます。

 

 

今回は女性の月経の話題。フラットアースと関係なくない?と思うかも知れませんが、意外とガッチリ関係ありました(笑)

 

 

世界は全て神(絶対的創造主。サタンのことではない)が創ったのであれば、太陽・月から人体に至るまで絶対どこかしら繋がってるはずです。関係無いはずはない。そう思います。

 

【考察】月=岩石だと女性の月経は絶対証明できない。

いつまで地球球体説や無限宇宙膨張論信じてるの?逆に疑問。

 

フラットアーサーなら既におなじみ「月は岩石ではなくプラズマ」説。

 

実は意外と人体に関係あったんですね。月と月経は関係あるのでは?ともともと言われていましたが、フラットアースの知識がさらに加わると人体の神秘さに圧倒されます。

 

私達人間は天気や気圧でも体調が左右されたりもするので、月=プラズマ=月経に関係あるというのはあながち間違いでもなさそう。人体こそが最もスピリチュアルですね。

 

 

今回も「Stolen History」から引用。

https://stolenhistory.net/threads/plasma-moon-and-womens-menstrual-cycle.6572/

 

女性の月経周期が月の満ち欠けと関係しているという考えは、何世紀にもわたって存在していました。実際、この関係には科学的根拠がある可能性があることを示唆する証拠があります。

 

女性の月経周期の平均の長さは28日です。これは、月が満ち欠けのサイクルを一巡するのにかかる時間と同じです。
月が本当にプラズマである場合、これは絶対に理にかなっていますが、月が岩片である場合、これは決して起こりません。

 

月はプラズマです
光が物体に当たると、光が物体を変換したり、吸収したり、反射したりする可能性があります。基板に対する低温プラズマの主な影響は、反応種とフリーラジカルによるものです。例として、電極間の自由電子と高エネルギー (DBD における) 反応種からの反応は、それ自体の効果を差し引いて、電極間の UV 光の高エネルギーの評価プロセスを開始します。

 

温度計を使用すると、月の光は実際には周囲の日陰よりも寒く(約 8°)冷たく見えます。

これは、月が自己発光体であることを意味します。プラズマが誘導されると点火されますが、自由電子全体のほんの一部だけが、その後プラズマを維持する荷電種を生成するのに十分な高いエネルギーに達します。これは、19 年の「メトン周期」とも呼ばれる磁気摂動の影響によって引き起こされます。月のメトニックサイクルは、月が同じ時刻、同じ経度、同じ星座に沿って、同じ位相でまったく同じ場所に戻る19年の周期です。

 

ガス分子のプロセスにより格子間高エネルギー電極が誘導され、これらの高エネルギー電子はどの原子にも結合しません。 低温プラズマには電力からのエネルギーが含まれており、それが電子に伝達されます。 これらの高エネルギー電子は続いて化学反応を起こし、さまざまな結果をもたらします。イオン、励起原子、フリーラジカル、最も基本的な評価では、これが月の基本的な機能です。

 

1 つの元素がその金属格子の穴を埋めると、侵入型合金の形成が起こります。これらの異なるタイプの要素は同じサイトを占有しません。

 

これは、月相の原因として考えられるのは、ヒステリシスまたは別名メトニック サイクルによって引き起こされる月相中に月面を作成する可能性があることを主張するのに十分です。水面に映る月のように、は月の明るさと同じ明るさで輝きます。これは、なぜオオカミが月に向かって吠えるのか、あるいはなぜ銀の弾丸がオオカミを殺すのかという根拠の説明と相関付けるのに十分です。銀は金属合金であり、ムーンフェイズ形成の金属格子であると考えられます。

 

満月は、月が空を横切ってわずかに遅い速度で太陽と同じ方向に移動し、太陽から 1 日あたり約 55 分遅れて移動するときに発生します。この現象は、平均して合計 29.53 日 12 時間 44 分に 1 回完全に発生します。

新月の間、月は日の出に昇り、月は日の入りに
沈みます。 上弦の月は、現地の正午に昇り、現地の真夜中に沈みます。 満月は、日没に月が昇り、日の出と下弦の月に沈みます。現地の真夜中に起き、現地の正午に沈みます。

 

光酸化。
長寿命種と短命種の影響を個別に評価するには、電圧源から異なる距離にサンプルを配置することでテストできます。さらに、相対電圧、媒体ガス比、流量、相対湿度、プラズマ場内の種の心理化学的強度のわずかな変化により、誘導が増加します。大気圧プラズマジェットによるポリマーフィルムのエッチングプロセスは、荷電粒子の相乗効果を利用して衝撃を引き起こし、その後の化学反応と活性種や放射線のエッチングを引き起こします。

 

現在では、月はおそらくヒステリシスと同様のプロセス中にその強磁性コアによって誘導されたプラズマ体である可能性があり、その体はさまざまな銀元素、高エネルギー、フリーラジカルの格子間合金で織り込まれていると仮定するだけで十分です。自発光。これは下弦の月の間に観察でき、月は日没時に太陽の光の真上で反対側の光で輝いています。

 

月が半透明であることも十分に示されています。

新月の段階では月の輪郭がまだ明るく、月全体がはっきりと見えます。この光は常に衛星の体の半分に閉じ込められています。
日食中に月が非常に震えているのが観察されたと記録されていますが、これは月のプラズマ体が蒸発し、月からの光の周囲の雲に穴が空くことによる影響です。定期的に観察されています。

 

魂の鏡としてあなたの最も願望を反映するとスピリチュアル的に言われている魂の鏡 シルバーは、自分自身を客観的に見るのに役立ちます。この異なる定義は、月自体の伝承に完全に当てはまります。
夜の月の推定組成 立方センチメートルあたりの粒子の数

水素35000
ヘリウム 4 40000
ネオン 20 40000
ネオン 22 5000
アンモニア 1000
アルゴン 36 2000
二酸化炭素 1000
アルミニウム リン
マグネシウム、シリコン
ナトリウム、メタン
アルゴン。1000
さて、プラズマムーン、月周期、女性の月経の相関関係に戻りましょう
– 

selected_2290256287847798.jpeg

月は私たちの領域上を循環しており、血漿体は血漿として機能し、女性の血流も血漿は循環系を通じて血液のあらゆる部分を運びます。

 

血漿が科学と人類の生体に果たす主な役割は、栄養素を摂取することです。ホルモンです。細胞が必要とする体の部分へのタンパク質もまた、その老廃物を血漿に投入します。この老廃物を体から除去するのに役立つ血漿は、私たちの領域の汚染にも同じことが当てはまります。低温プラズマ熱分解により、老廃物を水素に変換することが可能になります。メタンとエチレン。女性の血液中の血漿は、ホルモンをエストロゲンフェロモン生成物に変換します。

 

月経周期には、月経、卵胞期、排卵期、黄体期の 4 つの段階があり、月にも 4 つの主要な段階があり、新月、上弦の月、満月、下弦の月があります。
生理中と同じように、月自体が点在し、黒い斜体となって夜空に消えていくのが平均7.4日弱です。

 

岩だらけの月を調査すると、相関関係はプラズマ体を想定するほど強力でも共時的でもなく、月と月経周期の両方が 28 日のベルトをとり、互いに完全に一致しています。月は私たちの部屋の上を循環し、したがって、プラズマガス体はちょうどプラズマと女性の静脈として機能するため、月の電気太陽とのダイポールロックは、私たちの領域の四隅にプラズマ月を運びます。

 

 

同様に、女性の血流は血漿を運び、血漿のすべての部分も運びます。生物学的に血漿が人間の体に対して果たす主な役割は、細胞を必要とする体の部分にホルモンやタンパク質の栄養素を運ぶことです。また、老廃物を血漿中に入れ、血漿はこの老廃物を除去するのに役立ちます。

 

体も同じ冷プラズマ熱分解は、エンクロージャ内の物の汚染と浄化に適用されます。冷プラズマ熱分解は、血液変換ホルモンの 1 つであるエストロゲンなどの、メタン水素やエタノールなどの老廃物を変換することを可能にします。

 

すべての製品にとって、冷プラズマには 4 つの主要な段階があり、それらはイオン化です。フェーズ 伝播フェーズ 相互作用フェーズと終了フェーズ 月経周期には 4 つの主要なフェーズがあり、月経 卵胞期 排卵期と黄体期 月にも 4 つの主要なフェーズがある 新月 ハーフムーン(別名上弦の満月)、もう 1 つのハーフムーン(別名第 3 四半期)四半期は、新月の段階で月の上の周期にドットを配置するのと同じです。

 

ここで表されているシンボルは、各サイクルの開始と新月と月の体が黒い斜体になることの間にどのような直接的な相関関係があるかを示しています。4日間のうち7日弱、夜空に消えていく 7.月は平均して 4 日間同時に電離期を開始し、この相のエネルギーがガスに加えられてプラズマが生成されます。ガスはイオン化され、原子の一部が電子を失ったり電子を獲得したりして、正および負に帯電した粒子が生成されます。

 

女性によるデモンストレーション フェーズの裏打ち子宮は膣から排出されます これらすべてが体です 妊娠の準備の準備 月経周期は通常 5 ~ 7 日間続きます 月は半月期として始まります これは、冷たい血漿内の伝播期と呼ばれます

 

血漿ガス中を伝播してプラズマ雲を生成する この雲は、物質の表面の処理と浄化プロセスを同時に行うために使用できます 女性の体は卵胞期で卵胞期に入り始めますが、脳は劣化し、この期間中、未熟な卵を保持している全眼を刺激するホルモンが放出され、月の満ち欠けは準備戦略の様相を呈し、月周期の満ち欠けの期間に月のフリーラジカルが分解されます 満月は月の半分です周期は次の月経が始まる約13~15日前に起こります。

 

この時期が女性の体であり、16日目が排卵期です。満月は約12~24時間しか続きません。

 

女性の排卵時間と卵子も同様です。卵巣から卵管に放出される エストロゲンのレベルが上昇するにつれて、プロゲステロンのレベルが変動する プラズマムーンが相互作用期にある、またはプラズマの粒子が有機物を分解し始める可能性がある バクテリアを感じ、表面の性質を変える可能性がある材料女性の体が静脈内の血漿を循環系のあらゆる部分に運ぶのと同じように、地球の電磁力線も私たちの王国の四隅にプラズマムーンを運びます。

 

同様に、女性の血流は血漿を運び、血漿のすべての部分も女性の循環系を通って運ばれます。生物学的に、血漿が人体に対して果たす主な役割は、栄養素、ホルモン、タンパク質を必要とする体の部分に運ぶことです。体内の細胞も老廃物を血漿に入れます。

 

血漿はこの老廃物を体から除去するのに役立ちます。同じことが、私たちの囲いの中の物の汚染と浄化にも当てはまります。冷プラズマ熱分解により、水素、メタン、エタノールなどの廃棄物を変換できます。私たちの血液中の血漿と同じように。私たちの血液中の血漿は、ホルモンをエストロゲンとファルスモン製品に変換します。

 

低温プラズマには 4 つの主な段階があります。
イオン化フェーズ、伝播フェーズ、相互作用フェーズ、および終了フェーズ。
月経周期には、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の 4 つの主要な期があります。

 

月には、新月、半月(別名第1四半期)満月、そして別の半月(別名第3四半期)という4つの主な段階もあります。
そして、新月の満ち欠けの月の上の期間にドットを配置するのと同じように、ここで表されているシンボルは、新月の各サイクルの開始と月の体が黒い斜めの体になって夜空に消えていくことの間にどのような直接的な相関関係があるかを示しています。平均して 7.4 日弱です。

 

同時に、月は電離期を開始します。そして、この相エネルギーがガスに加えられてプラズマが生成されます。ガスがイオン化すると、原子の一部が電子を失ったり電子を獲得したりして、正および負に帯電した粒子が生成されます。女性の場合、月経期は です。女性の体が化学物質を放出したのと同じように。ターミネーター段階では、プラズマはエネルギー源の除去によって終了し、その後自然状態に戻り、プラズマ雲は 28 日目頃に消えます。

 

こうして陰暦の月が終わります。

月とのコラボレーションも完璧です。
月は、歴史を通じて、またさまざまな文化において、女性の親近感と豊饒の象徴でした。
この概要は、月と、月に規則的に対応する最初の周期を完全に説明しています。これらのサイクルは、生殖能力、創造性、直観など、女性の経験の多くの側面を記述するために数十年にわたって使用されてきました。

 

全体として、月と女性の重要性は文化や文脈を超えて取り上げられていますが、月は常に多産力と女性の力の強力で意味のある象徴とみなされます。
月は女性性の象徴であり、孤独な女性が話す慰めと強さの源であり、人間とは何かを理解する友人でもあります。不確実で、孤独で、不完全さによって凹んでいます。毎日、それはそれ自体の異なるバージョンであり、時には弱く衰退し、時には強くて光に満ちています。しかし、いつもそこにいて、地球の人間の姉妹たちを見守っています。永遠に、いつでも。

 

「月は常に女性です。彼女は変化の象徴です。栄枯盛衰。
彼女を見ると、彼女の女性的なエネルギーを感じます…」
– マージ・ピアシー

 

ここまで詳細に科学的に考察できる日本人がいてほしいところなんですけど(笑)

 

月が岩石の惑星ではなく、半透明にもなるプラズマで自己発光体でなければ女性の月経には作用しないものだということがわかりました。また、他にも興味をそそる内容が。やはり月=プラズマは確定ですね。

 

 

特に気になったところ

「日食中に月が非常に震えているのが観察されたと記録されていますが、これは月のプラズマ体が蒸発し、月からの光の周囲の雲に穴が空くことによる影響です。定期的に観察されています。」

 

フラットアーサーが月を観測する動画がTwitterであちこち見られますが、必ずと言っても月が震えているように見えます。プラズマ体の蒸発だったってこと?ひとつ謎が解けましたね。

 

 

これはボールアーサー(球体説信者)では考えつかない領域です。球体説だったら月と地球は約38万キロ離れてる設定なので(笑)そんなに離れてたら肉眼で見えるはずないのにね。望遠鏡で観測することも不可能。

 

 

今回の内容は女性のフラットアーサーは全員知って欲しいですね。

 

人体ってこんなに不思議。人体にこそ世界の秘密が大いに隠されているのかも知れません。私達が真に探究するべきは人体。外の世界はどうせ全て劇場だし、人体についてもっと調べてみようかな(笑)

 

 

 

人体には隠された未知の機能が眠っているのは確実。

どちらにせよ、人間の肉体には大いなる秘密が隠されていそう。

 

流行に乗りやすいのはいつもフワフワしたスピリチュアル系の話題や世界観ですが、実は人間の肉体こそが一番の神秘的な構造で、最も話題にするべき場所なのかも知れない。

 

 

世界の秘密や支配層の隠された権力構造について根掘り葉掘り探りたくなるものですが、それも目くらましの一つで、人体について探ったり調べて語った方がよっぽど有意義。歴史探究も楽しいですけどね。

 

 

私は人間の未知の機能をもっと探っていきたい。子供の頃「からだのしくみ」のような本をなぜかたくさん読んでいたのはきっとコレが理由ですね(笑)

 

 

あの頃は好奇心ゆえにひたすら読んでいました。歯医者や病院などに行ったら待ち時間はいつも身体の話の本を選んで読んでいた覚えがあります。

 

子供の頃の好奇心の正体はコレだったんですね。人間の未知の機能。本能。隠された神秘性。私は子供の頃からずっと探していたのかも?と今ならそう思えます。

 

月・太陽・地上と人体は無関係ではないはず。

人体は超能力どころか非常に神秘的な構造をしている。

 

フラットアースを知り、世界にあるあらゆるモノに無駄は無く全て繋がっている、という事実が理解出来ました。

 

地球球体説や無限に膨張する宇宙なんかを未だに信じていると、人体の神秘性や月や太陽の美しさや未知の構造に驚嘆することもありません。なんて勿体ない!(笑)大自然の偉大さを感じられないなんて勿体ないよ。

 

 

女性の月経が月に関係ある、と元々言われていますがフラットアースの知識が前提にあるとますます月経が不思議に感じます。女性は月の作用に日々動かされているって素敵な事ですね。

 

月と太陽が上空にあるのも、人体がこんな構造しているのにも必ず何らかの意味が複数あるはず。

 

 

それが知りたいけど、私達はまだまだ何も知らされていない…(笑)教科書は肝心なことを何も教えてくれません。人体の本能や精神の分野をもっと教えてくれればいいのになぁ。常に謙虚に学び続けていきましょう。

 
 

全ては神(絶対的創造主)の創りしもの。無関係ではないはず。

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!



 

12 view, 3 visit(s) today

関連記事

最近の記事

  1. 【Eric Dubay】フラットアース、隕石、天蓋の理屈を知ればもっと人生は豊かに自由になるはずなのに…

  2. 【報告】当ブログの総記事数476本。過去記事修正作業全部終了!お疲れ様でした(笑)

  3. 【Eric Dubay】NASAの起源と宇宙人の正体は堕天使と悪霊?地球球体説の方がオカルトだと言われる時代。

  4. 【スピ系あるある展開】「闇の勢力」を嫌う割には闇落ちしたがる似非スピ系商売人に注意。

  5. 【意識改革】神は人間の中に隠れる。アダムカドモン(神の自己収縮)=神人/仙人/超能力者への進化は誰もが可能。

YouTube|動画投稿

  1. 【記念】YouTubeチャンネル「黒塚アキラ」の動画投稿が300本を突破しました。食べ歩き・創作活動・ラジオ・陰謀論まで色々。

  2. 【北海道食べ歩きvlog】札幌駅・JRタワー・10円パン・大庄水産・クレープ・スタバ・狸小路・新作抹茶スイーツなど動画投稿しまくってます。

  3. 【全力で食べ歩きvlogを楽しむ】鎌倉・湘南・利尻礼文・箱根・京都・軽井沢・洞爺湖・札幌・苫小牧…全ての思い出をYouTubeで動画投稿。

目覚め|悟り|至高体験

  1. 【スピ系あるある展開】「闇の勢力」を嫌う割には闇落ちしたがる似非スピ系商売人に注意。

  2. 【意識改革】神は人間の中に隠れる。アダムカドモン(神の自己収縮)=神人/仙人/超能力者への進化は誰もが可能。

  3. 【INTJあるある?】デミロマンティック(半性愛)とINTJ特有の恋愛観。性格診断は差別的で嫌いだけど。

おすすめの記事

  1. 筆文字作品14:「しないことを決める/あらゆることが昨日のことになる」【創作活動】

  2. ただの海水で生体機能が劇的に向上したら困る!?「カントン水」(海水療法)を検証。

  3. 【文字起こし】くろラジmini57:黒塚アキラ被害者の会

  4. 【似非科学】引き寄せの法則×量子力学はインチキ!詐欺!大嘘!「波動・周波数・振動数」系も嘘。

  5. 快適サクサク&高機能のマウスコンピューター(mouse B5-R7-MA)に買い替え!ブログ運営と創作活動が捗る!

ランキング参加中です。

黒塚アキラの世界観 - にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
人気ブログランキングでフォロー 人気ブログランキング
セルフコントロールランキング 都市伝説ランキング 潜在意識ランキング

黒塚アキラのTwitter

ブログ総訪問者数

TOP