神(宇宙)との分離は不可能。「放蕩息子」が遠く離れていようと問題ではない。

教えではなく生き方が大事。限定された価値観に固執せずに生きよう。

ルカの福音書の「放蕩息子のたとえ話」から人生観を考えてみる。

 
こんにちは、黒塚アキラ(@kurozuka_akira)です。今日も「ヒマラヤ聖者の生活探求」から学びます。今回は、聖書で有名なたとえ話で放蕩息子の真意を知りました。以前読者から反応をいただいた時を思い出しますね。
 

 

先日投稿した某有名宇宙飛行士の記事が最速で閲覧数を伸ばしています。

 

やっぱり彼は大人気ですね。もっとも、盛り上がっていたのはフラットアース界だけだったんですが(笑)皮肉にも「無限に広がる宇宙は無い」ことを世間に知らしめてしまいましたね。

 

さて・・・それはそれとして、今回も「ヒマラヤ聖者の生活探求」で勉強します。

 

 

投稿直後から人気急上昇!最速で閲覧数が伸びています。

 

 

聖書だけに凝り固まると、生き方より福音の言葉ばかりが重視されてしまいます。たとえ聖書を疑い離れたといっても、神(宇宙)の視点から見たらそんな事は全く問題ではありません。

 

 

聖書主義・福音主義に陥ると、聖書から離れる思考が恐ろしくなり「放蕩息子」のたとえ話の真意が分からなくなります。今回は、「ヒマラヤ聖者の生活探求」でようやく腑に落ちる解説と出会いました。

 


 

聖書を疑う事も、誤訳を調べる行動も、決して神からの分離・反逆ではありません。元々分離は不可能であり、私達人類は常に一瞬一瞬が神(宇宙)との一体の中で生きています。

 

聖書だけに固執した限定された価値観では、人間本来の自由な思考を奪い人生を限定的なものにしてしまいます。私達はもっと自由に大胆に考えて行動していいはず。今日もひとつひとつ、限定された価値観を壊していきましょう!

 

 

 

神と人間は分離不可能。どんなに遠く離れたつもりでも関係ない。

新約聖書に「放蕩息子」のたとえ話があります。信仰か洗脳か、頭の中に強烈に残ります。

 

聖書から離れること、信仰や福音を疑い出すことは全くではありません。私はあえて自由に色んな角度から考察を深めていきますし、迷うことなくいつでも考察内容を変えてます。全然恥ずかしくありません(笑)

 

 

こういう姿勢は恐らく読者から嫌われるでしょう。でも私は自分の目的の為に前進します。聖書的思想から離れても、もう戻ってこないとしても・・・私の中では大した重要では無くなりました。

 

 

「父(神)の教えからいったん離れたように見えても、決心して戻ってくれば神は再び受け入れてくれる」という神の寛容さをたとえた「放蕩息子」の話ですが、「ヒマラヤ聖者の生活探求」では意味合いが多少違います。

 

 

「放蕩息子」のたとえ話(wikipedia)

 

私達は神から完全に分離するのは不可能です。

 

この原理が分かると「聖書離れ」への恐れを感じなくなります。恐怖心や聖書のみに固執した価値観が私達の人生を縛ることになる、と考えれば聖書中心主義がどれだけ無意味なことが理解できるはずです。

 

 

もちろん遍満しているものより自分自身を引き離したり、完全に疎外する事など不可能です。何故なら、そうする事は自分自身を全く存在しない状態に帰してしまう事だからです。

 

 

併し、再び意識の中でこの遍満している原理に帰るならば、彼はこの原理〔宇宙・神〕と一体となり、その能力も高まるのであります。

 

 

この事がかの放蕩息子の寓話に描かれているわけです。

 

 

彼は諸国を放浪してその持ち金を使い果してしまったが、父の家に帰ってくると歓迎が待ち設けていたのであります。そのためずっと家にいた兄でさえその歓迎ぶりを妬んだのでした。

 

 

併し父自身としては、殊更にその日丈歓待したわけではなく、実は常に家の中では歓待が行われていたのです。

 

 

これは、人間が如何に「普遍なるもの」(神・宇宙・神我―以下同じ)より徹底的に離別した積りでいようと、且つ又、糟粕(かす)を嘗めて暮していようと、一旦父の家に戻ろうと決心するならば、父の家にはすでに彼の為にすべてが整っている事を譬え話として描いているのであります。

 

 

実際には父〔神〕としては息子が離れていることを意識さえしていないのであって、息子がどんなに遠く放浪していようと問題ではなかったのです。

 

私達をとりまく宇宙(神/無限に広がる宇宙空間では無い)は果てしなく広大で、ちょっと信仰が逸れたくらいでは神からの分離とは言えません。離れたという意識すらも神のなかにはあり得ません。

 

 

私が聖書を疑い出した時になぜか周囲からボソボソ言われ始めた事に違和感を覚えたのは、この原理を理解せずに聖書の放蕩息子の話を引用し始めたからです。福音が聖書懐疑派への論破材料として、武器のように扱ってきたからでした(笑)

 

 

この違和感を言語化するのに時間がかかりましたが、ようやく記事にして投稿出来ました。

 

私達が目指す終着点は聖書信仰ではなく、真実を獲得すること。人にもよりますが、真の歴史、真の神、真の世界の姿・・・心地良い言葉を信じるのも自由ですが、行動と言葉が伴っていなければ通過点すらも辿り着けませんよね。

 

 

聖書を疑う事は罪では無いし、神から離れるわけでもない。

 

 

「ヒマラヤ聖者の生活探求」でこの内容を読んだ時に、いかに聖書的世界観に思考が固定されていたかに気づきました。聖書から離れたら負け、福音から離れたら負け…といったように。勝ち負けや優劣なんて無いのに。

 

 

私は誰とも競うつもりはないし、考察や探索に勝ち負けをつけようとすら思っていません(笑)そんな事無意味です。別に勝負の世界じゃないんで。

 

人間の無智・価値観・常識が分離を発生させる。

価値観を1つに限定させることを正解とする日本人の教育。常識って一体なんだ?

 

私達の価値観が全ての優劣や勝ち負けを作ってしまっています。最近Twitterを見たら、なにやらフラットアーサー同士で揉めてるとか・・・どうでもいいで~す(笑)せっかく同じ価値観に出会えた仲間だというのに勿体ない。

 

 

近頃はスピリチュアル系でも「地上は丸くない」話をし始めてフラットアース論が小遣い稼ぎのネタになっています。情報収集は今までよりも更に厳しく調べないと、彼らの小遣い稼ぎの後押しをする羽目になってしまいます(笑)そんなの絶対嫌です。

 

 

この先、価値観・常識を1つ1つ解体する作業が必要になってきます。私達はまだまだ知らないことばかり。幼稚園レベルにすら到達していないのかも知れません。心を静かに落ち着けて、目に映る情報を精査していきます。

 

以下に感銘を受けたツイートをご紹介します。

 

 

https://twitter.com/nl_5/status/1471430870380982274?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1471430870380982274%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2F kurozuka-akira.com%2Fflat-earth%2Fprodigal-son%2F

https://twitter.com/yumeotabishita/status/1471809690791477250?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1471809690791477250%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2F kurozuka-akira.com%2Fflat-earth%2Fprodigal-son%2F

 

 

2022年は考える力を養わなければ生き残れません。生き残るとは文字通りの意味で、つい数年前まで陰謀論扱いだった人口削減の話がいま現実味を帯びて私達に迫っているわけですから油断出来ません。

 

 

もっと調べ、もっと自分の内面を磨きたい。健康により一層気を付けて2022年を生きていきたいです。

 

 

もっと「ヒマラヤ聖者の生活探求」を読もう。

 

 

 

ますます先の見えない暗い時代が続きますが、それでも私はめげません。今回のパンデミックでどれだけの人間が無知のまま生活しているのかが炙り出されました。

 

 

無知は大罪を招きます。彼らに巻き込まれて死にたくない。日頃の言葉・行動・態度が自分の人生を致命的に変化させる時代になり、自分の意思が自分を殺すことになるかも知れない。コロナ前よりも、より直接的に自分の人生が激変する時代に変化しました。

 

 

福音を引き合いに出して語るな。天が静かに私達を見ているのだから。

フラットアーサー的に言えば、天が私達ひとりひとりの人生を監視しているようだ。

 

フラットアースを示唆する絵画・物語・絵本・文学・古典(漢詩など)・宗教・・・などを観察すると、地上が平面状になっているだけではなく、天界に未知の領域が広がっているようです。

 

 

いや、天界の記憶を消された状態で私達が生まれていているのか?(笑)その辺はまだ謎で、考察はまだ何も思いつきません。

 

 

宇宙開発事業や宇宙飛行士・NASAの詐欺商売はただの目くらましで本当は天の領域の監視・干渉をしているのかも?そんな事も考えています。私達よりも彼らこそが真のフラットアーサーなんですから、必ず何か知っている。

 

 

そう考えたら、変な事は言えません。SNSが監視されるのより恐ろしい(笑)

 

https://twitter.com/kenjin1207/status/1401775486921891842?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1401775486921891842%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2F kurozuka-akira.com%2Fflat-earth%2Fprodigal-son%2F

https://twitter.com/R_Steiner_bot/status/1470341035293556738?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1470341035293556738%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2F kurozuka-akira.com%2Fflat-earth%2Fprodigal-son%2F

https://twitter.com/taisouji/status/1467503760641761280?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1467503760641761280%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2F kurozuka-akira.com%2Fflat-earth%2Fprodigal-son%2F

 

 

まず出来ることは、福音を引き合いに出して他人を論破するような行動は慎む。福音は別に当人に権威を持たせるための言葉では無い。霊的知識の悪用は自分を破滅に追い込むだけ、と前に書きました。

 

 

私達は誰の言う事を聞いて動いているのか?ニュースの気象予報士か?学校の先生か?親か?誰でも無いと言える証拠はどこにあるのか。他人を裁く時間は無い、と何度も書きました。

 

 

この先誰も信用できないし、権威者の言葉も信用できません。当ブログに来る方はよく理解されていると思います。執筆者本人の意見がコロコロ変わるぐらいだから(笑)

 

 

私は福音や聖書の奴隷になりたくないし、自分が納得できるまで色んな扉を開け続けるだけです。日々考え続けたい。この世界は一体何のためにあるのか。私達はどう生きるべきかを。

 

私達は福音の奴隷ではない。神は全宇宙を満たして人を生かしている。

言葉を慎み、誠実に生きる姿を見られている。SNSの監視より直接的に見られています。

 

「お天道様が見ている」とはまさにこの事だったんですね。先人たちは偉大な言葉を残してくれました。それが日本人本来の生き方であり道徳心の源。

 

 

SNSをはじめTwitter・YouTubeの発言監視よりももっと恐ろしいのが「お天道様」です(笑)普段から発言・行動を慎んでいけば、SNS監視はまったく取るに足らないことです。むしろ監視制度ありきでSNSが流行したとさえ考えられます。

 

 

福音や聖書で人を裁く時間は残されていません。今は皆ストレスが溜まりに溜まっているので、無駄に発言して悪目立ちしない方がいいでしょう(笑)神はいつでもどこでも誰でも見ています。

 

 

その神は一体何者なのか?偽物なのか?それはまだ解明できていません。地道に考え続けます。

 

どちらにしろ、将来を考えて態度を改める必要があるのは確か。行動と言葉が伴ってこそ本物の信仰(福音)を実行出来たと言えます。

 

 

私達は神によって生かされています。聖書を疑い、福音を疑っても、神からの分離はあり得ないしいつでも神(宇宙/無限に広がる宇宙ではない)に満たされています。

 

 

常識を捨て、考える力を養い、発言や態度を謹んで生きることはなんと難しいことか!(笑)ストレスMAXのコロナ禍で最難関の問題はワクチンは人口削減や改憲ではなく、自分自身の改めです。

 

 

コロナ禍で最も厄介なのは私達の思考そのもの。もっと自分の心を調べてみよう。

 

 

ここまで記事を読んでくださってありがとうございました!


 

9 view, 3 visit(s) today

関連記事

最近の記事

  1. 【Eric Dubay】フラットアース、隕石、天蓋の理屈を知ればもっと人生は豊かに自由になるはずなのに…

  2. 【報告】当ブログの総記事数476本。過去記事修正作業全部終了!お疲れ様でした(笑)

  3. 【Eric Dubay】NASAの起源と宇宙人の正体は堕天使と悪霊?地球球体説の方がオカルトだと言われる時代。

  4. 【スピ系あるある展開】「闇の勢力」を嫌う割には闇落ちしたがる似非スピ系商売人に注意。

  5. 【意識改革】神は人間の中に隠れる。アダムカドモン(神の自己収縮)=神人/仙人/超能力者への進化は誰もが可能。

YouTube|動画投稿

  1. 【記念】YouTubeチャンネル「黒塚アキラ」の動画投稿が300本を突破しました。食べ歩き・創作活動・ラジオ・陰謀論まで色々。

  2. 【北海道食べ歩きvlog】札幌駅・JRタワー・10円パン・大庄水産・クレープ・スタバ・狸小路・新作抹茶スイーツなど動画投稿しまくってます。

  3. 【全力で食べ歩きvlogを楽しむ】鎌倉・湘南・利尻礼文・箱根・京都・軽井沢・洞爺湖・札幌・苫小牧…全ての思い出をYouTubeで動画投稿。

目覚め|悟り|至高体験

  1. 【スピ系あるある展開】「闇の勢力」を嫌う割には闇落ちしたがる似非スピ系商売人に注意。

  2. 【意識改革】神は人間の中に隠れる。アダムカドモン(神の自己収縮)=神人/仙人/超能力者への進化は誰もが可能。

  3. 【INTJあるある?】デミロマンティック(半性愛)とINTJ特有の恋愛観。性格診断は差別的で嫌いだけど。

おすすめの記事

  1. 【健康】曖昧な食品添加物表示の罠!一日2食生活を始めて質の良い食べ物を見極める。

  2. 【文字起こし】くろラジmini41:京都移住断念|Radio broadcasting

  3. 引き寄せや願望実現法則は無駄!日本の八百万の神々はそう簡単に人々の願望を叶えてはくれない。

  4. 【リゾバ】イジメ・悪口・陰口・飯マズ賄い上等!波乱万丈でグルメな帯広編

  5. 詐欺師か天才か?苫米地英人氏の教材購入者だけど、疑う部分もある。

ランキング参加中です。

黒塚アキラの世界観 - にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 陰謀論へ
人気ブログランキングでフォロー 人気ブログランキング
セルフコントロールランキング 都市伝説ランキング 潜在意識ランキング

黒塚アキラのTwitter

ブログ総訪問者数

TOP